NEW DISK


ジャケット写真

ARTIST DEATH
TITLE THE SOUND OF PERSEVERANCE
CATALOG CODE VICP-60493
RELEASE DATE 98/09/23

デスメタルシーン創生期から活動してるDEATHの7枚目となる新作が発表された。 その名に反して初期はともかく現在ではデスメタルではなくよりスラッシュメタル を演っている。チャック・シュルディナーの声をデス声と言うのなら、KREATORやSEPALTURA もデスメタルの仲間に入ってしまう。
それはさておき今作でも非常に高度なテクニックが飛び交うスリリングな曲が聴ける。 4枚目のHUMAN以降、一応バンド形態を取っているもの事実上チャックのソロプロジェクト となっており、これ以降自分以外のメンバーは作品ごとに違っている。この作品に参加している メンバーはあまり有名でない(少なくとも僕は知らなかった)バンドのGとBとDrなのだが 皆、以前バンドにいたスティーブ・ディジョルジオ(DEATH抜けたならSADUSの活動を軌道に乗せてほしい) やジーン・ホグランとタメ張るテクニシャン揃いである。
今回アコギをフィーチャーしたインストなど新機軸も散見されるが全体的には大きな変化がなく安心して聴いてられる。

1998/9

back